通学と比べて合宿免許のメリットとは

免許を取る際に、合宿免許は、3週間ほど合宿をして免許を取ることになるため、その間家に帰ることが出来ないということで、既に仕事をしている人や、アルバイトをしている人などは、長期の休みを取らなければいけないといったことがデメリットとなりますが、もし、通学をする場合は、個人差はあるものの、平均的に2か月から3か月くらいかかり、特に大型連休がある場合は、混雑するため、予約もとりづらくなり、免許を取ることができるまで時間がかかってしまうということがあります。まず、メリットとして、早く免許を取ることができるということがあります。そのほか、期間以外にも通学と比較すると様々なメリットがあるため、通学と比較してどのようなメリットがあるか考えてどちらを選ぶか検討することをお勧めします。

通学と比べると費用面も安くなる

費用は一般的な通学の場合の相場は28万円から33万円程度となります。教習所の立地やプランなどによっても違いますが、合宿免許の場合の一般的な相場は22万円から30万円程度なので、合宿をした方が費用が安くあがります。
合宿の場合は、宿泊施設のグレードや利用する部屋、食事の内容などによって費用が変わりますが、各種割引やサービスなどが受けられる可能性があります。また、通学とは違い、最短日数で卒業できなかった場合のための保証が充実しているため、最短で卒業できる自信がないという方も合宿の方が安心して利用することができます。ただし、保証の内容も各プランの内容などによって違いがあるため、そういったことについてもインターネットなどで事前に調べておくことがお勧めです。

集中力が上がり人間関係の構築も

合宿免許は、通学と違い、予約をして次の教習までの期間が開いてしまうようなことはなく、毎日教習があるということで、集中力を維持しやすいということもメリットです。一度覚えた運転技術を着実に身に着けていくことができるということがメリットです。ただし、教習所が地方にあったりする場合が多いため、交通事情が自分の住んでいる場所と違うため、免許を取得した後に運転をしたら違和感を感じるという場合があります。
また、通学とは違い、同じ目的を持った人が毎日顔を合わせるため、関係性が深まりやすい環境となるため、合宿中に人間関係を構築することができるということもあります。
また、空き時間に近くにレジャー施設がある場合は、レジャーをみんなで楽しむこともできるため、合宿性同士で仲良くなることができる機会も多いです。そのため、新たな人間関係を構築したいという人にもお勧めです。