知っておきたい、合宿免許のメリットと注意点

いざ自動車免許を取ろうと思っても、その取得方法にはいくつかの種類があるため、どれがいいか迷っている人も多いでしょう。その一つの方法である「合宿免許」は、教習所が指定した宿泊施設に滞在しながら自動車免許を取得できるサービスであり、主に学生などに人気があります。教習所へ通学しながら免許を取得する「通学免許」と比べると、短期間で免許が取得できることや、費用が安いことなどの違いがあると言えます。合宿スタイルの免許取得方法にはメリットが多いと言えますが、誰にでも向いているわけではなく、それぞれの事情に応じて、通学免許と比べてどちらがいいのかを事前に検討する必要があります。そのためには、あらかじめ合宿スタイルのメリットや注意点について詳しく知っておく必要があるでしょう。

早くて安く、観光も楽しめるというメリット

合宿免許のメリットとしては、まず「短期間で卒業できる」ということが挙げられます。平均すると「2~3週間程度」で卒業することが可能であるため、通常、卒業までに1~3ヵ月程度かかる通学免許と比べると、かなり短い期間で卒業することができると言えるでしょう。次に挙げられるメリットは、「料金が安い」ということです。通学免許の場合だと30万円程度かかるのが相場ですが、合宿の場合だと20万円程度の料金で利用できるものもあります。さらに挙げられるメリットは、「観光を楽しめる場合がある」ということです。空き時間を利用して、宿泊施設の近くにある観光地を楽しむことができますし、利用する教習所によっては観光ツアーのサービスを行っている場合もあるため、興味がある人はその点もチェックしてみるとよいでしょう。

まとまった休みがないと利用できない、などの注意点

合宿免許を利用する際の注意点としては、まず「まとまった期間の休みが必要になる」ということが挙げられます。通学免許の場合は、自分の都合に合わせて好きなときに教習を受けることができますが、合宿の場合は、基本的に途中で帰ることができないため、2~3週間程度の休みが必要になると言えます。ですが、夏休みなどの長期休暇が取れる学生などには便利だと言えるでしょう。その他の注意点としては、「シーズンによって料金が変わる」ということが挙げられます。通学免許の場合は、シーズンによって料金が変動することはありませんが、合宿の場合は、夏休みや春休みなどの長期休暇の時期になると、料金が高くなる傾向があります。ですので、より安く利用したい場合はシーズンオフを狙うとよいでしょう。