こだわりのCDジャケット印刷ならここで!

top > cdジャケット印刷の情報 > オリジナルデザインのcdジャケット印刷をしよう

オリジナルデザインのcdジャケット印刷をしよう

 オリジナルのcdやdvdをプレゼントする際にもっとこだわりたいなと思ったことはありませんか。そこでおすすめなのがオリジナルのcdジャケット印刷をすることです。材料は空のCDケースとジャケット印刷ができる専用キット、パソコンとプリンターです。専用キットは電気屋さんのプリンター用紙コーナーや文具店のAO機器用紙のコーナーなどで販売されています。写真がきれいに写るものや色紙などメーカーによって様々な用紙が販売されているので気に入ったものを購入してください。用紙が決まったならば、パソコンでデザインを作成していきます。画像加工ソフトやデザインソフトなどで作成して用紙に印刷をすれば完成になります。ですがデザインソフトは初心者には使いにくいものです。そこで今回は初心者向きのソフトをご紹介します。

 もっとも簡単なのは購入したcdジャケットの用紙のメーカーが出している無料ソフトウェアを使用することです。購入した用紙のメーカーをWEBで検索するとソフトウェアのダウンロードページに飛ぶことができます。そこから手順に従ってダウンロードを行います。ダウンロードが完了したら、一度再起動を行って準備完了です。先ほどダウンロードしたソフトウェアを起動して、購入した用紙の商品番号を入力します。設定を行うと自動的にcdジャケット印刷に適したサイズになっています。あとは文字入れや画像を挿入などを行いデザインをしていくだけです。枠の中に納まっていれば、ほぼ画面の中と同じイメージのジャケットが印刷されます。大まかにデザインができたら線を入れる形に印刷を設定して、コピー用紙に印刷をしていきます。

 線の中にデザインが入っていることを確認して、修正を加えていきます。修正ができたら先ほどと同様に仮の印刷をおこないます。デザインが完成したらキットに付属でついてくる練習用のデザイン用紙に印刷をしていきます。ここで実際の用紙とのずれを修正していきます。主にパソコンの印刷設定をメインにしていくとうまく仕上がります。練習用のデザイン用紙への印刷が終了したら、本番の用紙をセットして印刷をしていきましょう。プリンターの設定によって、用紙のセット方法は変わってきますのでプリンターの説明書を参照してください。本番用の用紙をセットできたら、印刷をします。印刷で出てきた用紙はインクの使用量が多いと変形を起こすので、本などでプレスしておくとよいでしょう。インクが落ち着いたら、ジャケットの完成です。

次の記事へ

TOPへ戻る