こだわりのCDジャケット印刷ならここで!

top > cdジャケット印刷の情報 > cdジャケット印刷やcdプレスを行う手順

cdジャケット印刷やcdプレスを行う手順

 レコーディングを行いマスタリングまで終了した後は、プレスやcdジャケット印刷について考えることになります。まずはCDジャケットやCDを封入するケースですが、もっとも多く使われているものがジュエルケースです。この他、紙やスリムケースなどさまざま揃っており業者によって対応できるケースに違いがあるため、あらかじめ完成系をイメージしておきましょう。形に関して特にこだわりがなくなるべく安い予算で収めたいならば、ジュエルケースは他のケースと比較して安いことが多く保管するスペースもとらないのでおすすめです。また、CDにつける帯にはジャケットに邪魔にならない程度の大きさでキャッチコピーなどが掲載されることが多く、バーコードも記入できます。業者によってプラン料金に帯がふくまれていることもあるので、チェックしましょう。

 CDジャケットの内部などに記載するブックレットは歌詞などを印刷するためにページが多くなると、それだけ予算も増えます。予算が最初から決まっている場合は、他のCDジャケットも参考にしながらテキストのボリュームを調整してみましょう。自分の理想がみえてきたら、次はプレスしてくれる業者を選びましょう。大切なのはホームページなどに記載されている料金がどの範囲までなのか確かめることです。ジャケットの印刷など料金が単体になって加算していくスタイルなのか、全てがセットになっているか業者によってさまざまです。業者ごとに違いを知りたいならば問い合わせ先から自分がイメージするジャケットやCDの仕様を伝えて、複数のプレス業者から見積もりを確認してもらうと細かい違いが分かります。

 CDプレスを行う業者をいくつか絞ることができた後は、印刷してもらいたいデータのテンプレートを確認してもらいましょう。デザインを提出する方法は業者によって違うため、ギリギリになって対応できないことが分かったということがないように確定する前にデータを調べてもらうのは重要です。プレスしてもらった後にイメージしていた色や質感ではなかったというケースも存在するので、可能ならば印刷物のサンプルを取り寄せましょう。また、業者によってはジャケットの印刷やCDのプラスを行うだけでなくオプションを用意していることも多いです。東京にあるショップにプレスしたCDを置いてくれたり、音楽配信がセットになっている業者もあるため販路が決定していないならばオプションも重視することをおすすめします。

TOPへ戻る