こだわりのCDジャケット印刷ならここで!

top > cdジャケット印刷の情報 > cdジャケット印刷を業者に依頼する

cdジャケット印刷を業者に依頼する

 cdジャケット印刷は専門の業者に依頼をすることで、イメージ通りの仕上がりにすることができます。しかも、業者によって種類もいろいろとあり、一般的な裏表の一枚ものから二つ折などが選べるようになっています。それに加えて、テンプレートも用意しているところがあり、イラストレーターで編集をすることもできます。イラストレーターで作成をすることでそのまま印刷をしてもらうことができます。もちろん、イラストレーターを持っていない場合には、無料のイラストソフトを使って編集できるようになっています。そのため、より繊細忠実に仕上げてもらうことができるというメリットがあります。それに加えて、カラーで作ることができ個人でも既製品と同じ品質で作れるようになっています。しかも、一部業者では現物と同じものを複製して作ることができます。

 実際に依頼をするにあたって業者を選ぶのですが、その時にポイントになるのが料金です。先ほどもあったように一枚ものや二つ折などがあり、目的に応じて料金体系を確認することが大切です。特に、10枚など少数枚でも対応しているかもチェックすることが必要です。ちなみに、500枚など大量に作成をしたほうが割安になることが多いです。例えば、裏表一枚もの両面カラーを100枚作ると17000円ほどになりますが、500枚では18000円とかなり単価を抑えることができます。ちなみに、表は写真などを入れて、裏は白黒の文字の場合は300枚で1100円ほどに抑えることもできます。そのため、自分が作りたいデザインを工夫することで価格を抑えられることもあります。そして、用紙の厚さも選ぶことができますが、二つ折りなどにする時にはケースの厚さなども考慮して選ぶことが必要です。

 そして、CDジャケットといえばケースの中に入れるタイプが多いのですが、業者によってはケースとして使えるタイプも依頼できるところがあります。しかも、歌詞カードもセットになっているプランもあり、少し変わったCDジャケットを作ることができます。特に、オリジナルCDを作って販売したいという人はこちらにするほうがメリットがあります。そして、オプションとしていろいろな加工も用意されています。その中で人気があるのが表面加工でPP貼加工があります。これによって、色落ちしにくくなり品質を向上させることができます。そして、ジャケット作りになれていない人はサポート体制が整っているところを選ぶことも必要です。テンプレートをはじめガイドが掲載されているところを選ぶことで、品質の高いジャケットにすることができます。

次の記事へ

TOPへ戻る