経営を安定させ売り上げを上げるためにも

企業が潤いある財政を維持できるのは、自社商品やサービスを対象となる消費者が利用をしてくれるからこそ、顧客がサービスに満足をしてくれてこその右肩上がりの売り上げです。逆を言えばお客さんが満足できなければ、ライバル社の商品に心変わりするのは仕方のないこと、どうしたら顧客を満足させてその思いを維持できるかへの対策が必要になります。役立つのがインシデント管理ツールの導入、おかげでオペレーターのこなすべき仕事は、これまでよりもずっと効率よくなるためです。今まで時間と手間がかかっていた業務がスムーズになることで、その分だけお客さんに対して、丁寧で満足な気持ちを高める対応に集中をすることができます。また利用者が本人で問題を解決できることになるF&Qも助かりますし、チャットボットなどのツールも大活躍をすることは言うまでもありません。

トラブル発生時の対処もきちんと把握ができる

アナログ時代のように管理を見たり聞いたりだけでは、正確な管理の状態を把握するのは難しいうえに手間がかかります。現代はアナログからデジタルに切り替わったテクノロジーの時代、今までのやり方では通用しない部分が増えました。インターネットはビジネスシーンに欠かせない重要なツール、しかし常にセキュリティ面への対処は必須、セキュリティ侵害なども残念ながら考えられる問題です。もしもトラブルが起きたとしても、適切な対処での対応がなされているのか、その進み具合も管理可能なのがインシデント管理ツール、時代にもジャストフィットな役割でサポートしてくれます。日々の管理は目視と聞くだけでは足りない部分が出てくるので、適切な対応が遅れてしまうかもしれません。また対応が遅くなったために、さらに状況が悪化してはいけません。仕事は順調に流れるのが1番良いこと、すぐに対処するためにも使えるツールです。

目で見て確認できるので一目瞭然でわかる

案件がどれほどあるかを把握することも大事ですが、データを人間が毎回集計をすることなく、集計機能付きですから大変スムーズに仕事も流れるのもインシデント管理ツールがあってこそです。可視化できるというのは仕事を効率化させる必須条件、案件でどれくらい対応待ちとなっているのかまで見てわかります。業務はチームでこなすことも多いのがビジネス、タスクを登録してチームメンバーみんなとシェア出来るのもメリットです。中には期日が近い案件があったとしても、通知をされるので設定さえすれば、うっかりすることもありません。未対応でもこうしたツールがあって、メンバーみんなと案件の把握ができるので、仕事におけるヒューマンミスはこれまでよりも、ずっと減っていくことになります。

西日本や九州での導入実績も多数ありますので安心して任せることが出来ます。 大手流通企業や鉄道、航空会社から中小企業まで、多くの導入実績があります。 導入するだけでITILに沿った運用が実現します。 格安なスモールスタートプランもご用意しています。 構成管理とIT資産管理で業務の効率と更に品質の向上をUPさせる為の支援をします。 インシデント管理ツールでお困りならSmartStage