合宿免許の内容とその魅力

自動車運転免許を取得するなら合宿免許へ

自動車運転免許を取得する方法としては、自宅の近辺にある教習所に通いながら講習を受けることが一般的です。教習所で必要な講習(実技を含む)を受け、教習所卒業後に自動車運転免許試験を受験し合格する方法ですが、この方法では最低でも1ヶ月以上の期間を必要とします。というのは1日に受けることができる講習の数は限られていますし、他の人の予約次第では当日講習を受けることができないこともあるのです。そのため、運転免許取得までに時間的制限がある人の合宿免許への参加が増加しています。この方法であれば約2週間程度の期間での運転免許取得が可能となっています。そのため、前述のような時間的制限がある人や、学校の長期休暇を利用して参加する人にとっては最適な方法と言えるでしょう。

合宿免許の内容とその魅力について

この方法は通常の教習所に通うものではなく、『合宿』の名のとおり(地方の教習所に合宿しながら通う)という方法となります。その魅力は何と言っても(短い期間での運転免許取得)にあります。前述したように、最短で2週間程度での運転免許取得が可能となっています。なぜ短期間での運転免許取得が可能になるのかといいますと、その要素はスケジュールにあります。合宿スケジュールとしては一日のうち、食事と睡眠以外の殆どの時間が講習時間となります。そもそも、運転免許取得のために受講が必要な講習はどの教習所でも同じであるため、短い期間で全ての講習を受ける必要があるのです。多少詰め込み学習気味になる点は否めませんが、通常の教習所通いでは考えられない短縮した講習期間が実現されています。

免許取得期間の短縮以外にもある魅力

運転免許所得に要する期間の短縮以外にも多くの魅力が存在しています。その一つは路上教習の際の環境です。地方の教習所を利用しての講習のため、路上教習の際には都会と比べて圧倒的に交通量の少ない道路を利用することが出来ます。そのため精神的余裕をもって路上教習を受けることが可能となります。これは運転に慣れない教習生にとっては最も重要なことです。また、料金面に対する魅力もあります。実は自宅から教習所に通う方法と比較しても低価格に設定されている場合がほとんどなのです。シーズンオフに参加する場合にはさらに割引をうけることがあります。さらに全国で開催されていますので、ちょっとした旅行気分で参加することも可能です。このように、合宿免許には一般的な教習所には無い様々な魅力が存在しているのです。