インシデント管理ツールを導入する前に比較することが大切

インシデント管理ツールは機能が異なりますので比較を

比較の仕方としては、現在の業務で何を強化したいのかを明確にすることが大事です。例えば、問合せ対応を強化したい時には、質問者によって自己解決を促すFAQ構築やメール返信、AI機能による自動回答などがあります。社外からの問合せをしたり、顧客対応までカバーしたい時には、サービスデスクツールとして展開していることが多いです。機能が豊富ですがコストもかかることから導運用方法も複雑となりますので、導入する前に、比較する時のために優先順位をつけておくといいです。

インシデント管理ツールは人事に適応されるか

インシデント管理というのは情報システム部門だけでなく、人事や総務などのオフィス部門でも必要です。各部門で起きた問題に対してインシデント管理をしておくことで業務の効率化になります。シンプルな操作性が重要視されており、自分がいいと思った管理ツールであるかが比較する上でのポイントとなります。人事や総務などのお金に関することを徹底して管理をしたり、経営者や組織の管理者なの視点からもインシデント管理できるようになります。

インシデント管理はチャットやメールなどの管理

今の時代は携帯やコンピューターも盛んになっている時代で、会社や組織でも効率よく業務に活かせないかという相談もあるかと思いますが、チャットやメールをはじめ、電話に関しても一括でやり取りができるようなっているものもあります。これでしたら、時代の流れにのった作業ができるようになり、業務の効率化になることと思います。継続的な改善が可能なサポートデスクにも構築できるようになります。さまざまな条件に特化した分岐機能を活かすことができ、インシデント管理ツールの問題に関して使いやすいように切り分けることもできます。ひとえに、管理ツールを一つに決めることが難しいことは事実ですが、それぞれの特徴を書き出しておくと、いい所が見えてきます。今現在の企業で、必要なものを取り上げて置き、それに適したインシデント管理ツールを選ぶといいかと思います。結構コストもかかるものなので、予算に応じて徹底した管理をしてもらいたいです。それには独自で決めることはしないで、会社で使うものなので、そのトップが先頭になり、みんなでまとめる必要があるかと思います。使い勝手はそれぞれ違うので、今必要なものを決めて置き、それに似あった管理ツールを選択した方が業務改善につながるかと思います。